トピックス

トピックス
私たちは、地域に根付いた持続可能な活動を推進しています。
全ての子どもたちが、一人ひとり大切に育まれる様、慈愛に満ちたまちづくりにつながる活動や復興支援事業などに積極的に携わることで、継続して地域貢献活動を実施することを目指します。
地域との共生は弊社の貴重な財産になると考えております。

鎌倉てらこや(NPO法人) てらハウス・てらこや食堂・てらこやの森(仮称)

てらハウス:自社ビルのワンフロアーを子供たちの居場所として提供し、認定NPO法人鎌倉てらこやの事業として運営しています
てらこや食堂:「地域の子供たちに地元の新鮮な季節の食材を提供したい」との想いの下、弊社スタッフ協力を得て週に2回運営しています。弊社スタッフが心を込めて作ったお弁当を年間で約3,000食提供しています。
「NPO法人鎌倉てらこや」は、主に神奈川県鎌倉市周辺地域の小・中学生を対象とした、「子どもたちが夢を抱き、いきいきと生きていく力と心を育むための育成プロジェクト」です。

企画・運営主体は大学生によって担われています。かつて鎌倉でも行われていたであろう「寺子屋」のように、地域の寺社仏閣をお借りしての合宿事業や、地域の自然の中で行われるプログラムや居場所事業等を展開しています。そのほか学童保育施設への大学生訪問プロジェクト等も含めると、年間で800回程度の活動を実施しています。

また、自社ビルのワンフロアーを子供たちの居場所として提供し、認定NPO法人鎌倉てらこやの事業として運営しています。
学生たちと共に過ごす時間から、子供たち自身が「やりたい!」と思うことを発見し、自分自身の力で、あるいは仲間と一緒にそれを実現させることにチャレンジしています。
子供たちが自分らしくいられる居場所づくりを目指します。

復興支援事業

東日本大震災 復興支援事業
2011年3月11日、私たちは「東日本大震災」という未曾有の災害を目の当たりにしました。
震災から10年以上の月日が流れた今、復興計画は進みつつもまだまだ復興とは程遠い状況にあります。

「大船」という同じ地名をもつ縁から、大船渡市への岩手県復興支援イベント「大船to大船渡」を2011年7月に開催し、その後も 開催させていただいております。

10年継続と決めたこのイベント・活動はまだスタートラインだと考えております。
意識を薄れさせずに互いの力になっていくよう、これからも支援事業を推進いたします。

■岩手県復興支援産業祭り『大船to大船渡』公式ホームページ
https://www.027to02710.com

認定NPO法人 全国てらこやネットワーク

子どもや若者、地域の明るい未来を形成するために、 全国各地域の「てらこや」を結ぶネットワーク機関です。
多様な人財が力を合わせて子どもを育む「複眼の教育」によって、子どもたちに感動体験とよき人(ロールモデル)との出会いを届けています。全国に広がる地域総がかりの教育の場「てらこや」をネットワーク化し、子どもたちだけでなく、学生や大人たちも育つ場を創造しています。

■全国てらこやネットワーク
http://terakoya-network.com/

夢のつばさプロジェクト

東日本大震災で保護者を亡くされた子どもたちの成長を、長期的に見守る活動をしております。
夏や冬の長期休みに宿泊型のキャンプ、スポーツ、レクリエーション、コンサート、工場見学、博物館や科学館見学などの多様な活動を共有し、経験する中で自らを育て仲間を作り、この活動を未来に繋ぐ大人へと成長して欲しいと願っています。

■夢のつばさプロジェクト
https://www.npo-ochanomizu.org/tsubasa/

大船夜市

2023年11月3日、4年ぶりに大船の夜を盛り上げるお祭が開催されました。

※飲食店約30店舗の多彩なグルメが楽しめる
※岩手県大船渡市の名産品販売
※ダンスやパフォーマンスLIVEで盛り上がり 

鎌倉こどもハチミツプロジェクト

子供たちが建長寺でミツバチを飼い、ハチミツを商品化し、販売します。
養蜂を通して、自然環境を学びハチミツの商品化、販売を通してビジネスを学びます。

鎌倉の自然とまちを元気にする人を育む、ローカルアントレプレナー(地域起業家)育成プロジェクトです。